シャープ、応答速度4m秒の亀山第2工場製52/46/42V型フルHDパネルを採用した液晶TV「AQUOS」 | RBB TODAY

シャープ、応答速度4m秒の亀山第2工場製52/46/42V型フルHDパネルを採用した液晶TV「AQUOS」

IT・デジタル テレビ

亀山第2工場製のフルHD液晶パネルを採用した52/46/42V型液晶テレビ「AQUOS」
  • 亀山第2工場製のフルHD液晶パネルを採用した52/46/42V型液晶テレビ「AQUOS」
 シャープは、8月に稼働した亀山第2工場製の液晶パネルを採用した、52/46/42V型液晶テレビ「AQUOS」計6機種を10月1日から順次発売する。デザインは、それぞれアンダースピーカータイプとサイドスピーカータイプの2種類を用意。価格はオープンで、実売予想価格は52V型が60万円前後、46V型が50万円前後、42V型が45万円前後の見込み。

 発売日は、52V型モデル「LC-52GX1W」「LC-52GX2W」と46V型モデル「LC-46GX1W」「LC-46GX2W」が10月1日、42V型モデル「LC-42GX1W」「LC-42GX2W」が11月10日。なお、型番末尾の1Wがアンダースピーカータイプ、2Wがサイドスピーカータイプとなる。

 AQUOS液晶テレビの新製品6機種は、いずれも新開発のフルHD(1,920×1,080ドット)液晶パネル「ブラックASV液晶フルスペックハイビジョンパネル」を採用する。本パネルでは、視野角176度、輝度450cd/m2、暗室コントラスト2,000:1、明室(リビング)コントラスト650:1、動画応答速度4m秒を実現し、黒の表現力とクッキリした映像再現を追求したとしている。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2を装備し、デジタル放送の2番組同時表示や裏番組録画が行える。さらに、5.6MHzの高速サンプリングを可能にした「1ビットデジタルアンプ」をAQUOS用に新開発した。

 また、HDMIケーブルで接続した同社のAV関連機器をコントロールできる「AQUOSファミリンク」に対応しており、AQUOSハイビジョンレコーダーやサラウンドを付属のリモコンのボタン1つで操作することが可能だ。

 インターフェースは、AQUOSファミリンク対応のHDMI入力×2、D4映像入力×2、Sビデオ入力×2、ビデオ入力×4、DVI-I入力、光デジタル音声出力、ヘッドホン出力、i.LINK、Ethernetなどを備える。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top