KDDI研究所、携帯電話のカメラを傾きや加速度センサーとして利用する技術を開発 | RBB TODAY

KDDI研究所、携帯電話のカメラを傾きや加速度センサーとして利用する技術を開発

ブロードバンド その他

 KDDI研究所は、携帯電話に搭載されたカメラを傾きセンサーとして利用する技術を開発した。これにより、カメラ付き携帯電話にて、傾けるだけで操作ができるようになる。

 これまでは、傾き動きを検知するために、加速度センサーやジャイロなどを携帯電話に内蔵する必要があった。しかし、消費電力や搭載するスペース、コストの増大が課題だ。今回、開発された技術では、携帯電話に搭載されたカメラからの映像をソフトウェアにて処理することで同様のことを可能にした。具体的には、上下左右、ズーム、回転が認識できる。

 同社では、見たい方向に端末を傾けることで地図をスクロールさせたり、奥行き方向に移動させることで拡大するといった例をあげている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top