米Microsoft、IE7 RC1をリリース〜インストーラの改善やインストール時のエラーを低減 | RBB TODAY

米Microsoft、IE7 RC1をリリース〜インストーラの改善やインストール時のエラーを低減

ブロードバンド その他

 米Microsoftは、Internet Explorer 7(IE7)のRelease Candidate バージョン1(RC1)をリリースし、ダウンロード配布を開始した。

 IE7の開発者が執筆するInternet Explorerを話題としたブログ「IEblog」内で、Program ManagerのJohn Hrvatin氏がIE7 RC1での変更点について触れている。RC1ではインストーラに改善が加えられ、RC1のインストール時に旧バージョンのIE7がシステム内にインストールされている場合は、自動的に検出してアンインストールされるようになった。インストールの流れは、旧バージョンのアンインストール後に再起動がかかり、再起動後にRC1のインストールが開始され、終了後に再度再起動が行われる。John Hrvatin氏は、開発チームはこの2回の再起動のうち1回をなくしたいと考えたが、OSのほかのコンポーネントとの依存性を考えると今回のリリースでは実現しなかったとも述べている。

 また、旧バージョンのIE7ではディスククリーナーツールを使用した場合や、バックアップディレクトリをユーザーが手動で削除した場合はアップグレードインストールは不可能だったが、RC1では可能となった。ただし、一度アップグレードインストールを行うと、IE6に各種設定を戻すことはできないので注意しよう。

 さらにレジストリキーのパーミッション問題によるインストール失敗を減らしたのもRC1の変更点として挙げられた。
《富永ジュン》

特集

page top