ソフトバンク、第1四半期決算発表。ボーダフォン新規連結で売上高は約5,000億円に | RBB TODAY

ソフトバンク、第1四半期決算発表。ボーダフォン新規連結で売上高は約5,000億円に

ブロードバンド その他

 ソフトバンクは8日、平成19年3月期(2006年度)第1四半期決算を発表した。5月1日よりあらたにボーダフォンが連結対象となった(当四半期においては2か月分)ことで、連結での売上高は4,942億円(前年同期比2,355億円増、以下同じ)と大幅に拡大した。
  •  ソフトバンクは8日、平成19年3月期(2006年度)第1四半期決算を発表した。5月1日よりあらたにボーダフォンが連結対象となった(当四半期においては2か月分)ことで、連結での売上高は4,942億円(前年同期比2,355億円増、以下同じ)と大幅に拡大した。
  •  ソフトバンクは8日、平成19年3月期(2006年度)第1四半期決算を発表した。5月1日よりあらたにボーダフォンが連結対象となった(当四半期においては2か月分)ことで、連結での売上高は4,942億円(前年同期比2,355億円増、以下同じ)と大幅に拡大した。
 ソフトバンクは8日、平成19年3月期(2006年度)第1四半期決算を発表した。5月1日よりあらたにボーダフォンが連結対象となった(当四半期においては2か月分)ことで、連結での売上高は4,942億円(前年同期比2,355億円増、以下同じ)と大幅に拡大した。

 営業利益は543億円(575億円増)、経常利益は259億円(390億円増)、当期純利益は14億円(125億円増)となっており、順調に黒字を継続しているとした。

 孫正義社長はボーダフォン買収について「良いタイミングで良い会社を買収できた」としつつ、黒字基調については「最近のキーワードは『大人のソフトバンク』なので、無茶をしない」と笑顔を見せた。また四半期での売上高が約5,000億円となったことで、年度での売上高が2兆円規模の企業になったと自信を見せた。

 前年同期に比べ、大幅な業績の拡大ならびに改善を見せたことについて「完全なるV字回復」とし、その要因として「Yahoo! BBのADSL事業ではゼロからの出発で、投資を回収できるようになるまで4年半を要した。固定通信事業の日本テレコムでも約1年半の先行投資期間が必要だった。しかし移動体通信事業では、ボーダフォンという、すでに黒字を出している企業を買収できた」と述べた。

 なお、移動体通信事業については、続く第2・第3四半期で積極的な先行投資を行うとしたものの、その額は「営業利益で赤字ならない程度」とし、「投資は数か月で済み、より早く収益が立ち上がる」と見込みを述べた。

 また、当四半期決算には含まれない後発事象として、8月1日と2日にSBIホールディングスの全株式を約1,360億円で売却したことも報告された。これは経営資源を再配分し、財務体質を強化するためとのことで、同社の保有比率は26.7%から0%となったが、SBIグループとの協力関係は継続するとした。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top