新千歳空港で「フレッツ・スポット」と「Mzone」のサービス提供を開始 | RBB TODAY

新千歳空港で「フレッツ・スポット」と「Mzone」のサービス提供を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)と北海道空港は、新千歳空港旅客ターミナルに設置する無線LAN設備をNTT-BPが運用することに合意した。これに伴い、8月1日より新千歳空港旅客ターミナルでのNTT東日本の「フレッツ・スポット」、NTTドコモの「Mzone」の使用が可能となる。

 これまで新千歳空港ではNTT東日本の公衆無線LANサービス「Mフレッツ」を提供していたが、利用者拡大のためNTT-BPの共用型公衆無線LAN方式の設置を決定。これを利用し、NTT東日本とNTTドコモ北海道が上記サービスを開始することとなった。

 なお、「Mフレッツ」は同サービス開始時に提供を終了する。

 アクセスポイント設置場所は以下のとおり。

●2F
 センタープラザホール前
 ANA出発カウンター前
 JAL出発カウンター前
 スカイマークエアライン出発カウンター前
●3F
 国際線出発カウンター前
 スカイギャラリー前
●4F
 スーパーラウンジ内
 カフェプロント前
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top