動き回る被写体を認識し、写真の中心に撮影できる「EXILIM」の新モデル | RBB TODAY

動き回る被写体を認識し、写真の中心に撮影できる「EXILIM」の新モデル

 カシオ計算機は、720万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z700」を発表した。シルバーが8月10日発売、ゴールドとレッドは8月25日発売となる。価格はいずれもオープンプライスだが、同社による推定価格は45,000円。

IT・デジタル デジカメ
 カシオ計算機は、720万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z700」を発表した。シルバーが8月10日発売、ゴールドとレッドは8月25日発売となる。価格はいずれもオープンプライスだが、同社による推定価格は45,000円。
  •  カシオ計算機は、720万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z700」を発表した。シルバーが8月10日発売、ゴールドとレッドは8月25日発売となる。価格はいずれもオープンプライスだが、同社による推定価格は45,000円。
  •  カシオ計算機は、720万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z700」を発表した。シルバーが8月10日発売、ゴールドとレッドは8月25日発売となる。価格はいずれもオープンプライスだが、同社による推定価格は45,000円。
 カシオ計算機は、720万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z700」を発表した。シルバーが8月10日発売、ゴールドとレッドは8月25日発売となる。価格はいずれもオープンプライスだが、同社による推定価格は45,000円。

 新モデルでは、動き回る被写体を中心に撮れる機能「オートフレーミング」をあらたに搭載。これは、動き回る被写体を自動的に認識しそれにピントを合わせると同時に、被写体が中心になるようにトリミング(300万画素相当)する機能だ。活発に動き回る子どもの撮影などに最適だとしている。

 また「レイアウトショット」では、2枚または3枚の写真を用いた組写真が作れる。

 CCDは、720万画素、1/2.5型のものを搭載。液晶ディスプレイは、明るい(1200cd/m2)2.7型のものを採用している。また、記憶メディアはSDメモリーカードのほか、SDHCにも対応する。

●EXILIM ZOOM EX-Z700の主な仕様
 有効画素数:720万画素
 撮像素子:1/2.5型正方画素原色CCD(総画素数;741万画素)
 記録媒体:内蔵メモリー(画像記録エリア8.3MB)、SDHC/SDメモリーカード/MMC対応
 レンズ:非球面レンズを含む5群6枚、F2.7〜F5.2、f=6.2〜18.6mm(35mm換算;約38〜114mm)
 ズーム:光学3倍、デジタル4倍(光学ズーム併用時12倍)
 感度設定:静止画オートISO50/ISO100/ISO200/ISO400、動画オート/ブレ軽減/高感度撮影において最大ISO800
 モニター:2.7型TFTカラー液晶 153,600(640×240)画素
 電源:専用リチウムイオン充電池
 電池寿命:撮影枚数 約460枚
 サイズ:幅88.5mm×高さ57mm×厚さ20.5mm(突起部除く、最薄部18.6mm)
 重量:約112g(電池・付属品含まず)
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top