写真・映像関連イベント「フォトイメージングエキスポ2007」の概要を発表 | RBB TODAY

写真・映像関連イベント「フォトイメージングエキスポ2007」の概要を発表

IT・デジタル その他

左から、日本写真映像用品工業会の小林専務理事、日本カラーラボ協会の尾花専務理事、写真感光材料工業会の杉本専務理事、カメラ映像機器工業会の平野事務局長
  • 左から、日本写真映像用品工業会の小林専務理事、日本カラーラボ協会の尾花専務理事、写真感光材料工業会の杉本専務理事、カメラ映像機器工業会の平野事務局長
 カメラ映像機器工業会、写真感光材料工業会、日本カラーラボ協会、日本写真映像用品工業会の4団体とフジサンケイビジネスアイ(日本工業新聞社)は20日、アジア最大となる写真・映像関連イベント「フォトイメージングエキスポ2007」(PIE2007)の概要を発表した。

 PIE(パイ)2007のテーマは、「体感!写真の力、映像の未来—アジア最大のビッグイベント—」で、アジア最大のフォト&イメージングショーとしての地位を確立していくという。

 会期は、2007年3月22日から25日までの4日間。開場時間は、10時から17時まで、最終日は16時までとなる。会場は、東京ビッグサイトの西1・2・3・4ホール+アトリウムおよび会議棟で、総展示面積は31,280m2。出展者数の目標は200社1,000コマで、来場者数は11万人を見込む。ちなみに、前回PIE2006の来場者数は103,825人。

 入場料金は、Web事前登録者および前売り券が750円、当日券が1,000円。なお、中学生以下の子どもは無料となっている。

 PIE2007では、従来の総合ゾーン、ビジネス・プロゾーン、コンシューマーゾーンに加え、ソフトウェア&ソリューションテクノロジーゾーンを新設する。また、商談コーナーを4Fと1Fに設け、ビジネスチャンスの拡大を図るという。
《高柳政弘》

特集

page top