[WIRELESS JAPAN 2006] ワンセグに続くモバイル向け放送技術「Media FLO」 | RBB TODAY

[WIRELESS JAPAN 2006] ワンセグに続くモバイル向け放送技術「Media FLO」

ブロードバンド その他

 4月1日からモバイル機器向けのデジタル放送「ワンセグ」が始まったが、WIRELESS JAPANでは、これに続く放送技術「Media FLO」の機器が見られる。
  •  4月1日からモバイル機器向けのデジタル放送「ワンセグ」が始まったが、WIRELESS JAPANでは、これに続く放送技術「Media FLO」の機器が見られる。
  •  4月1日からモバイル機器向けのデジタル放送「ワンセグ」が始まったが、WIRELESS JAPANでは、これに続く放送技術「Media FLO」の機器が見られる。
  •  4月1日からモバイル機器向けのデジタル放送「ワンセグ」が始まったが、WIRELESS JAPANでは、これに続く放送技術「Media FLO」の機器が見られる。
 4月1日からモバイル機器向けのデジタル放送「ワンセグ」が始まったが、WIRELESS JAPANでは、これに続く放送技術「Media FLO」の機器が見られる。

 Media FLOは、モバイル機器向けのデジタル放送技術。5〜8MHzの周波数帯域を利用し、テレビ、ラジオ、蓄積映像放送のチェンネルを自由に構成できる。日本では、KDDIとソフトバンクが検討を始めている。

 WIRELESS JAPANではクアルコムが、京セラ、サムスン、LGが開発したMedia FLO搭載携帯電話を展示している。Media FLOの電波はクアルコムのブースから発信。非常に鮮明に写っている。なお、米国では年内にサービスが始まる予定で、展示されている携帯電話はそのために開発が進められているものだ。

 また、Media FLOを搭載しているにもかかわらず、携帯電話の重さや大きさが従来のものと変わらないのも印象的だ。さらに、チェンネルの切り替え時間が1.5秒以下に抑えられている。ワンセグと比較するとこの点が優位に立つと見られる。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top