中小企業向けに、100万円以下でブロードバンドオフィスを実現! | RBB TODAY

中小企業向けに、100万円以下でブロードバンドオフィスを実現!

エンタープライズ その他

 日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。
  •  日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。
  •  日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。
  •  日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。
  •  日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。
 日本電気は7月3日、中小企業向けのブロードバンドオフィスを安価に構築できる「UNIVERGE OneMillionソリューション」を提供すると発表した。

 同ソリューションは、従業員が50人〜200人前後の中小企業を対象にしている。同社の都筑一雄氏(執行役員)は、「中堅・中小企業のIT投資は今後5年間で約28%の伸びを示すと予想されている。今までは大企業向けにUNIVERGEソリューションを展開してきた。今回、中小企業ユーザーにヒアリングを実施したところ、営業力、コミュニケーションの向上・情報共有、ローコスト運営、セキュリティ強化、内部統制支援などを求める声が大きいことがわかった。これらの調査を踏まえ、現場力のアップと内部統制を実現する中小企業向けのUNIVERGEソリューションを拡大していく」と、同社の戦略について説明した。

 UNIVERGE OneMillionソリューションは、初期投資を100万円以内に抑えながらブロードバンドオフィスを短期間で導入できる基本セットをベースにしている。「UNIVERGE OneMillionソリューション/基本セット」は、ブロードバンドオフィスの基盤となるIPテレフォニーシステムを提供するもの。同社のSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000SS(OMSモデル)」×1、マルチレイヤスイッチ(24ポート)×1、ソフトフォン「DtermSP30」(ライセンス)×50、IP多機能電話用ライセンス×5などで構成され、電話帳からのワンクリック発信や、ホワイトボードの共有、テレビ電話などを利用できる。価格は100万円。

 この基本セットをベースにしたブロードバンドオフィスに、さらに必要に応じて付加機能をビルドアップ方式で積み上げられる複数のソリューションが用意されている。第一弾として7月末までに、以下の6種類のソリューションが提供される予定だ。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/モバイル」
 セキュアな無線LAN環境で、ノートPC/無線VoIP端末/デュアルフォンを利用できる。無線LANコントローラ「WL3006-B」×1、アクセスポイント「WL1250-AB」×4、DHCPサーバ×1で構成され、社内外でマイオフィスを実現する。価格は100万円。オプションとして、アクセスポイント給電ハブ、認証サーバ(RADIUS)の構築、無線LANデュアル携帯端末「FOMA N900iL」などもサポート。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/Web会議」
 事前登録した特定メンバーだけでミーティングが可能なWeb会議システムを提供する。自席のPCで、セキュリティに優れた会議を実現できる。Web会議システム「コミュニケーションドア/Web会議」×1、カメラ・ヘッドセット「Qcam Fusion with Headset」×5で構成。価格は100万円。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/お手軽ミーティング」
 事前登録や予約が不要で、必要な時に相手と自席のPCでミーティングが可能なシステムを提供する。Web会議システム「FACE Conference:らくらくバージョン」×1、カメラ・ヘッドセット「Qcam Fusion with Headset」×5で構成。価格は100万円。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/セキュアリモートアクセス」 
 ユーザー認証技術やデータ暗号化技術を活用し、社外から安全に社内へのアクセスできる環境を提供する。ジュニパーネットワークスのSSL VPNゲートウェイ「SAシリーズ」×1を使用して、セキュアなリモートアクセスシステムを構築。価格は86万円。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/検疫」
 セキュリティが未対策のクライアントPCや、不正に持ち込まれた未登録のクライアントPCに対して、アクセスを禁止する検疫システムを提供する。企業ネットワークにおけるウイルス感染・拡散を未然に防止できる。不正アクセス検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」×2、管理サーバ「InterSec/NQ30b」×1で構成。価格は100万円。

・「UNIVERGE OneMillionソリューション/グループウェア」
 メール/スケジュール管理/ファイル共有機能をASPサービスで提供する。インターネットへのアクセス環境があれば、どこからでも利用でき、社内コミュニケーションを活性化することが可能。コーポレートウェアASPソリューション「i-StarOffice」を利用するサービスで、初期コスト40万円、月額コスト5万円(50ユーザー)。

 同社は、これらのソリューションの拡販に向けて、営業や技術面でのサポート体制を整備することも発表した。八田孝氏(UNIVERGEソリューション推進本部 本部長)は、「アプリケーションパートナーと連携し、UNIVERGE OneMillionソリューションの品揃えを拡充していきたい。また300社にのぼる販売店へのソリューション支援も行っていく」と、今後の展開を述べた。

 同社では本ソリューションを順次拡充し、3年間で300億円の売り上げを目指すという。
《井上猛雄》

特集

page top