ハイテクインター、1kmで双方向最大15Mbpsの通信が可能なVDSLモデムを発売 | RBB TODAY

ハイテクインター、1kmで双方向最大15Mbpsの通信が可能なVDSLモデムを発売

エンタープライズ モバイルBIZ
 ハイテクインターは、ネットシス社製VDSLモデム「NV-200シリーズ」を発売する。価格は、COモデムの「NV-200LC」が60,000円、CPEモデムの「NV-200」が60,000円、Ethernetを2ポート備えたCPEモデムの「NV-200D」が63,000円。

 NV-200シリーズは、スプリッタを内蔵しているためアナログ電話やISDNと同一回線上でデータ通信が可能となるVDSLモデム。3月に販売中止となったxDSL構内モデムCampusシリーズ「Campus-Pro」の後継機種にあたる。ポイント間構成に対応するほか、サージプロテクタを搭載する。伝送速度と距離は、0.5mm径のCPEV電話回線を利用した場合、対称15Mbpsで1,000m、対称10Mbpsで1,200m、非対称下り4Mbps/上り1Mbpsで1,900m。

 サイズは24×95×110mm、重量はNV-200LCとNV-200が328g、NV-200Dが336g。
《富永ジュン》
page top