大阪唯一の落語定席「天満天神繁昌亭」が昼席の公演を配信 | RBB TODAY

大阪唯一の落語定席「天満天神繁昌亭」が昼席の公演を配信

エンタメ その他
 大阪の噺家にとって、長年の悲願であった定席「天満天神繁昌亭」が、いよいよ9月15日にオープンする運びとなった。

 上方落語協会とケイ・オプティコムは、落語専門の定席「天満天神繁昌亭」で行われる公演の映像コンテンツを、9月15日のオープン同日より配信すると発表した。

 繁昌亭は、大阪で唯一の落語の定席。上方落語を復権させたいという強い思いのもと、上方落語協会および天神橋筋商店街が募金により建設中だ。完成時には毎日2回(昼席・夜席)の公演が行われる予定で、そのうち昼席(13時〜16時)の映像を、当日の20時から24時間の間、ケイ・オプティコム接続会員向けVODサービス「eonetシアター/PC」上で、独占配信する。

 若手・中堅落語家を中心に、会長の桂三枝や桂春団治など落語会の大御所、漫才師、手品師など、バラエティに富んだ出演者の公演が、ほぼ毎日更新されるという、非常に魅力的なコンテンツだ。

 視聴には、「eonetID」を取得した後、eonetシアター/PCのサービス登録をする必要がある。配信方法はWMT方式によるVOD配信で配信帯域は2Mbps・500kbps。料金は月1,000円程度を予定しており、開始当初は半額キャンペーンの実施も予定されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top