キヤノンIST、画像管理ソフト「MuseViewer」がEOS DIGITALのRAWデータ表示に対応 | RBB TODAY

キヤノンIST、画像管理ソフト「MuseViewer」がEOS DIGITALのRAWデータ表示に対応

IT・デジタル その他
 キヤノンイメージングシステムテクノロジーズ(キヤノンIST)は12、画像管理ソフト「MuseViewer for Windows」の最新バージョン「Ver.1.30」のダウンロードサービスを同社WebサイトおよびピーアンドエーのWebサイトで開始した。

 また、今回のバージョンアップに際し価格改定も同時に行われており、従来価格の7,140円が3,990円に値下げ。なお、本ソフトはシェアウェア製品となっており、購入前にソフトのすべての機能を30日間無償で試用できる。

 今回のバージョンアップでは、キヤノン製デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITAL」シリーズのRAWデータ表示機能を新たに追加。これにより、最新機種である「EOS 30D」までのRAWデータ表示が可能となるが、RAWデータの情報表示には対応していないので注意が必要だ。

 同ソフトでのRAWデータ表示対応機種は以下のとおり。

●EOSシリーズ
EOS 30D、EOS 5D、EOS-1D MarkII N、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、EOS-1D Mark II、EOS-1D、EOS 20D、EOS 10D、EOS D60、EOS Kiss DIGITAL N、EOS Kiss DIGITAL

●PowerShotシリーズ
PowerShot G5、PowerShot G3、PowerShot S50、PowerShot S45、PowerShot S40
《村上幸治》

特集

page top