シャープ、液晶テレビ「AQUOS」が生産開始から5年5か月で累計生産台数1千万台を突破 | RBB TODAY

シャープ、液晶テレビ「AQUOS」が生産開始から5年5か月で累計生産台数1千万台を突破

IT・デジタル テレビ
 シャープは2日、液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」が2006年5月31日に世界累計生産台数1,000万台を達成したと発表した。これは、2001年1月の発売以来5年5か月で達成したもので、10.4型以上の据え置き型液晶カラーテレビとしては業界で初めてだとしている。

 また、今秋には世界初の第8世代マザーガラス(2,160×2,400ミリ)を採用し、従来にない革新的生産プロセスや材料を導入するという「亀山第2工場」の稼動が開始。今後、世界的に急速な拡大が見込まれる50型・40型クラスの超大型液晶テレビ市場に対し、安定した供給体制を構築していくとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top