大日本印刷、指静脈と手のひら静脈の両方で生体認証が可能なICキャッシュカードを開発 | RBB TODAY

大日本印刷、指静脈と手のひら静脈の両方で生体認証が可能なICキャッシュカードを開発

 大日本印刷は、全銀協ICキャッシュカード標準仕様改訂版に準拠し、1枚のカードで指静脈と手のひら静脈の両生体認証方式を利用できるICキャッシュカードを開発したと発表した。すでに複数の金融機関で採用が決定していて、5月下旬より納入を開始する。

ブロードバンド その他
 大日本印刷は、全銀協ICキャッシュカード標準仕様改訂版に準拠し、1枚のカードで指静脈と手のひら静脈の両生体認証方式を利用できるICキャッシュカードを開発したと発表した。すでに複数の金融機関で採用が決定していて、5月下旬より納入を開始する。

 指静脈、または手のひら静脈のどちらか一方のみを用いた生体認証機能搭載のICキャッシュカードとATMを採用する金融機関が増えている。しかし、従来のICキャッシュカードでは生体認証方式が異なる金融機関のATMを利用できないため、両方式に対応したICキャッシュカードが求められていた。

 新ICキャッシュカードは、ワンタイムパスワード生成アプリケーションの追加が可能なほか、非接触式対応カードやクレジットカードとの一体型キャッシュカードにも対応している。
《富永ジュン》

特集

page top