NECとサイバーウィング、テレビCMとネット映像広告を一元管理できるシステムを製品化 | RBB TODAY

NECとサイバーウィング、テレビCMとネット映像広告を一元管理できるシステムを製品化

エンタープライズ その他

 日本電気(NEC)とサイバーウィングは、テレビCMとインターネット映像広告の編成・運用を一元的に管理できるシステム「TVCM・ネット映像広告統合管理システム」を製品化し、4月21日にブロードバンド向け放送事業者などに向け発売した。価格は、個別開発の場合1億円から、ASP形式の場合は初期費用が2,000万円で月額運用費が300万円から。

 なお、NECは本システムを、同社のISPサービス「BIGLOBE」の映像ポータルサイト「BIGLOBEストリーム」において、2006年度中に採用する予定だとしている。

 本システムは、テレビCMとネット映像広告との同期をとった配信および、テレビCMの素材をそのままネット向けに編成し、その配信をきめ細かく管理することなどを実現するもの。NECの地上デジタル放送対応「営業・放送システム S-CMWIN」と、サイバーウィングの「ネット映像広告配信サービス iSAS(Integrated Streaming Ad Service)」がベースとなって開発されたものだという。

 両社では本システムを、放送事業者、インターネットプロバイダ、ブロードバンド向け映像コンテンツ配信事業者、大手企業などを対象に、ユーザごとの個別開発、共用システムを用いたASP形式、個別開発システムのアウトソーシング形式による運用受託など、ユーザニーズに合わせたさまざまな形で提供するとしている。また、サイバーウィングでは、本システムを活用したネット映像広告の販売・配信サービスについても合わせて提供するとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top