NEC液晶テクノロジー、直射日光下の利用に適した液晶ディスプレイモジュール | RBB TODAY

NEC液晶テクノロジー、直射日光下の利用に適した液晶ディスプレイモジュール

IT・デジタル ノートPC

 NEC液晶テクノロジーは17日、晴天時の屋外や直射日光の当たる室内などの強い外光下でも鮮やかなカラー表示を実現できるというアモルファスシリコンTFT(薄膜トランジスタ)液晶ディスプレイモジュール3機種を発売した。

 ラインアップは、8.4型でSVGA表示対応の「NL8060BC21-03」、同じく8.4型でVGA表示対応の「NL6448BC26-09C」、6.5型でVGA表示対応の「NL6448BC20-20」の計3機種。サンプル価格は、NL8060BC21-03が50,000円(4月28日出荷)、NL6448BC26-09Cが45,000円(6月中旬出荷)、NL6448BC20-20が40,000円(4月28日出荷)。

 今回の新製品ではいずれも、独自のST-NLT(Super-Transmissive Natural Light TFT)技術を採用することにより、輝度が50%以上向上し、日光が直接画面に当たるような環境でも、直射日光に負けない鮮やかなカラー表示が可能になったという。また、マイナス10度から70度という、広い温度範囲における正確な画面表示も保証している。

 同社では本製品について、「直射日光の当たる厳しい環境下での利用が想定される、船舶用各種計器、自動販売機、ガソリンスタンド用POS端末といった装置用の表示装置として、高い視認性・信頼性を実現できる」としている。
《村上幸治》
page top