ソニー、液晶一体型のスリムな「ボードPC」など3タイプ17モデルのデスクトップVAIO | RBB TODAY

ソニー、液晶一体型のスリムな「ボードPC」など3タイプ17モデルのデスクトップVAIO

IT・デジタル ノートPC

VAIO type L
  • VAIO type L
 ソニーは、PC「VAIO」シリーズの新製品として、デスクトップPC3タイプ17モデル(内4モデルはVAIOオーナーメードモデル)を4月12日から順次発売する。ラインアップは、フラットな液晶一体型の「type L」7モデル、スタンダードデスクトップPCの「type H」7モデル、液晶一体型のテレビモデル「type V」3モデル。

●type L

 本体の基板を1枚のボードに搭載することにより、スリムで美しいフォルムを実現した液晶一体型の新タイプ製品。本体表面にアルミニウム素材を採用し、液晶ディスプレイの周囲を透明フレームで囲んだフォトフレームのようなデザインが特徴となっている。

 ラインアップは、テレビチューナー内蔵でワイヤレスキーボードを採用した19型ワイド液晶ディスプレイ搭載の「19型ワイド」4モデル(内1モデルはオーナーメードモデル)と、バッテリーを搭載しキーボードも一体型の持ち運び可能な15.4型ワイド液晶ディスプレイ搭載の「15.4型ワイド」3モデル(内1モデルはオーナーメードモデル)の2シリーズ。さらに15.4型ワイドのオーナーメードモデルでは、3色のカラーバリエーション(シルバー、ホワイト、ロゼ)から選択可能となっている。

●type H

 幅10cmのスリムな本体と高音質スピーカー内蔵のコンパクトな液晶ディスプレイがセットになったスタンダードなデスクトップPC。デスクトップPCながら本体上部に「FeliCaポート」をあらたに搭載しており、edyカードやSuica/ICOCAなどの情報を読み取ることが可能になっている。

●type V

 20型WXGAクリアブラック/ハイビジョン液晶パネルを一体化した、ワイヤレスキーボード/マウス採用のテレビ型デスクトップPC。テレビを、高品位・高画質で楽しめるハードウェアエンジンを搭載するのに加え、サラウンド対応のダブルサラウンドスピーカーとダイナミクスウーファーを搭載。高音質エンジン「Sound Reality」とあわせることで、いつものCDやDVDビデオの音をより高品位に再生できるという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top