ソニー、ダイジェスト再生機能を搭載し、デジタル放送の録画番組もPSPで持ち出せる「スゴ録」 | RBB TODAY

ソニー、ダイジェスト再生機能を搭載し、デジタル放送の録画番組もPSPで持ち出せる「スゴ録」

IT・デジタル レコーダー

RDZ-D97A
  • RDZ-D97A
  • RDZ-D77A
  • RDZ-D87
 ソニーは、デジタルハイビジョンチューナー内蔵のHDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」において、PSPにデジタル放送の録画データを転送できる機能やホームサーバ機能を新たに追加した2機種およびスタンダードモデル1機種を5月19日に発売する。

 ラインアップは、400GバイトHDD搭載モデル「RDZ-D97A」と250GバイトHDD搭載モデル「RDZ-D77A」、400GバイトHDD搭載のスタンダードモデル「RDZ-D87」の計3機種。価格はすべてオープンで、予想販売価格はRDZ-D97Aが17万円前後、RDZ-D77Aが14万円前後、RDZ-D87が13万円前後の見込み。

 RDZ-D97A/D77Aは、HDDに保存した録画番組を「メモリースティックPRO デュオ」に約20倍速の早さで高速転送し、プレイステーションポータブル(PSP)で再生できる「おでかけ・スゴ録」機能を搭載。また、HDD搭載DVDレコーダーとして初めて著作権保護技術「DTCP-IP」規格に対応した、ホームネットワークの基準「DLNA」対応のホームサーバ機能もあらたに搭載している。

 さらにハード面では、高級オーディオクラスの高音質技術を搭載。「波形整形回路」および「デジタル音声出力専用安定化電源回路」により、ジッターを抑えた高精度な光・同軸デジタル音声出力を実現しているほか、同社のハイエンドオーディオコンポーネント「ESシリーズ」でも採用された高音質コンデンサーなどの高性能パーツを採用するなど、さまざまな高音質化が図られている。

 3機種共通の新機能では、独自のダイジェストアルゴリズムによる「ダイジェスト再生」機能を搭載。この機能では、映像・音声の解析と番組のジャンルに応じたダイジェストパターンのアレンジが自動的に行われるため、短い時間でも充実した内容で番組を楽しめるという。また、ダイジェスト再生しながら1.5倍速の音声付き早見再生をすることや、番組をダイジェストにしてメモリースティックPRO デュオに転送できる「ダイジェスト転送」機能もあわせて用意されている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top