カシオ、600万画素CCDと2.5型液晶搭載のエントリーデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z60」 | RBB TODAY

カシオ、600万画素CCDと2.5型液晶搭載のエントリーデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z60」

IT・デジタル デジカメ

EXILIM ZOOM EX-Z60
  • EXILIM ZOOM EX-Z60
  •  カシオ計算機は、600万画素CCDと光学3倍ズーム、2.5型液晶ディスプレイを搭載した薄型エントリーデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z60」を4月14日に発売する。
 カシオ計算機は、デジタルカメラ「EXILIM」シリーズの新製品として、600万画素CCDと光学3倍ズームレンズ、2.5型液晶ディスプレイを搭載した薄型エントリーモデル「EXILIM ZOOM EX-Z60」を4月14日に発売する。ボディカラーは、シルバー「EX-Z60」とレッド「EX-Z60RD」の2種類を用意。価格はオープンで、実売予想価格は35,000円前後。

 EX-Z60は、通常のメニュー表示に加えて、メニュー表示を絞り込み、ガイド表示で説明してくれる「easyモード」を装備したエントリーモデル。色があせた古い写真を鮮やかな写真に再現できる「よみがえりショット」や、オークション向け画像を撮影できる「オークション」、最大3枚をフラッシュ発光しながら連写できる「フラッシュ連写」などの機能を搭載する。

 基本スペックは、1/2.5型637万画素CCD、35mmフィルム換算で約38〜114mm相当の光学3倍ズームレンズ、約11.5万画素の2.5型液晶ディスプレイ装備。レンズの明るさはF3.1〜F5.9。撮像感度は、ISO50からISO400まで4段階の設定ができるのに加え、ブレ軽減および高感度機能においては最大ISO800まで増感できる。

 本体サイズは幅95.2×高さ60.6×厚さ16.2〜19.8mm、重さは約118g(電池、メモリカードを除く)。電源には専用リチウムイオン充電池が採用されており、連続撮影枚数は約180枚。記録媒体はSDメモリーカード/MMCを利用できるほか、本体に8.3Mバイトメモリを内蔵する。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top