東芝、薄型テレビの新ブランド「REGZA」を発表 HDDと地上デジタル/アナログ×各2搭載モデルなど | RBB TODAY

東芝、薄型テレビの新ブランド「REGZA」を発表 HDDと地上デジタル/アナログ×各2搭載モデルなど

IT・デジタル テレビ

 東芝は21日、薄型テレビの新ブランド「REGZA(レグザ)」を発表した。REGZAの第1弾として、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「H1000」「C1000」シリーズ計6機種を3月1日から順次発売する。
  •  東芝は21日、薄型テレビの新ブランド「REGZA(レグザ)」を発表した。REGZAの第1弾として、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「H1000」「C1000」シリーズ計6機種を3月1日から順次発売する。
  • 42H1000
 東芝は21日、薄型テレビの新ブランド「REGZA(レグザ)」を発表した。REGZAの第1弾として、国内市場向けに地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「H1000」「C1000」シリーズ計6機種を3月1日から順次発売する。両シリーズとも、黒色を基調とし、余分な装飾を取り除いたミニマルデザインで、デジタル映像処理システム「メタブレイン・プロ」を採用しているのが特徴だ。

 REGZAとは、Regsam(独語の躍動感の意)からの造語で、「Real Expression Guaranteed by amaZing Architecture」を表現しているとのこと。これは、「同社の技術の粋を結集し、本物の高画質を表現する」という主張をこめて命名したという。

 H1000シリーズは、いずれも160GバイトHDDを内蔵したモデル。液晶サイズは、42V型「42H1000」、37V型「37H1000」、32V型「32H1000」の3種類を用意する。チューナーは、地上デジタルと地上アナログを各2個備えている。液晶パネルの解像度は1,366×768ドット。インターフェースは、HDMI入力やD4入力などを用意。価格はオープンで、実売予想価格は42V型が50万円前後、37V型が41万円前後、32V型が30万円前後。発売日は5月上旬。

 C1000シリーズは、HDDを搭載しないシンプルモデル。ラインアップは3機種で、37V型「37C1000」が3月20日発売、32V型「32C1000」と26V型「26C1000」が3月1日発売となる。チューナーは、地上デジタルと地上アナログを各1個搭載。液晶パネルの解像度は1,366×768ドット。インターフェースは、HDMI入力やD4入力などを用意する。価格はオープンで、実売予想価格は37V型が36万円前後、32V型が25万円前後、26V型が21万円前後。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top