オリンパス、世界で初めて液晶画面を見ながら撮影できるデジタル一眼レフカメラ「E-330」 | RBB TODAY

オリンパス、世界で初めて液晶画面を見ながら撮影できるデジタル一眼レフカメラ「E-330」

IT・デジタル デジカメ

ライブビュー機能を搭載したE-330
  • ライブビュー機能を搭載したE-330
  • 2.5型のマルチアングル液晶を装備
 オリンパスは、デジタル一眼レフカメラで初めてライブビュー機能を搭載した製品「E-330」を2月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格はボディのみが12万円前後、「ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6」レンズキットが13万円前後。

 E-330は、有効750万画素の4/3型Live MOSセンサーを採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。最大の特徴は、デジタル一眼レフカメラでは初めて、背面の液晶画面を見ながら撮影できるライブビュー機能を搭載したことだ。これは、撮像センサーとは別に、光学ファインダー内に液晶表示専用のCCDを装備することで実現している。

 背面には、2.5型(21.5万画素)のマルチアングル液晶ディスプレイを搭載。ディスプレイの角度を上下方向(上方向90度、下方向45度)に変えられるため、ハイ/ローアングル時でもラクな姿勢で撮影することが可能だ。これらにより、背面液晶を見ながらの撮影と、光学ファインダーを利用した従来どおりの撮影スタイルを両立し、初心者から上級者まで幅広い層に満足できる製品となっている。

 ファインダーはポロミラー式を採用し、視野率が約95%でファインダー倍率は約0.93倍。ライブビューの視野率は、フルタイムライブビュー(Aモード)時が約92%、マクロライブビュー(Bモード)時が100%となる。

 そのほか従来モデル同様、ダストリダクションシステムも継承。AF測距点は3点。シャッター速度は1/4,000〜60秒で、バルブ撮影に対応している。連写速度は毎秒3コマで、連続4コマまで。フラッシュを内蔵しており、同調速度は1/180秒以下となる。

 露出制御方式は、プログラムAE、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアルのほか、シーンプログラムAEやシーンセレクトAEも用意されている。

 撮像感度はISO100〜800、拡張設定でISO1,600に対応。最大記録画像サイズは3,136×2,352ピクセル。記録メディアは、コンパクトフラッシュ(TYPE I/II)、マイクロドライブ、xDピクチャーカードをサポートする。PC用インターフェースはUSB2.0だが、Hi Speedには対応していない。

 本体サイズは幅140×高さ87×72mm、重さは約550g。電源は、リチウムイオン電池「BLM-1」を採用する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top