松下、手ブレ補正機構内蔵の12倍ズームを搭載した600万画素デジカメ「LUMIX DMC-FZ7」 | RBB TODAY

松下、手ブレ補正機構内蔵の12倍ズームを搭載した600万画素デジカメ「LUMIX DMC-FZ7」

 松下電器産業は、手ブレ補正機構内蔵の12倍ズームレンズを搭載した600万画素デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ7」を2月17日に発売する。実売予想価格は5万円前後。

IT・デジタル デジカメ
LUMIX DMC-FZ7
  • LUMIX DMC-FZ7
 松下電器産業は、手ブレ補正機構内蔵の12倍ズームレンズを搭載した600万画素デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ7」を2月17日に発売する。カラーは、シルバーとブラックの2色を用意。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 DMC-FZ7は、光学12倍ズーム機「DMC-FZ5」(500万画素)の後継モデルで、1/2.5型600万画素CCDを搭載した。レンズは、8群11枚のLEICA DC VARIO-ELMARIT。焦点距離は6〜72mm(画角は35mm判換算で36〜432mm相当、開放F値はF2.8〜3.3となる。撮影時には、マニュアル露出設定やマニュアルフォーカス操作が可能だ。

 画像処理エンジンは、「ヴィーナスエンジンII」を採用。撮像感度はISO80〜400に対応したほか、ISO800〜1,600の高感度モードを備える。液晶ディスプレイは2.5型11.4万画素と、0.33型(視野率100%)11.4万画素の電子ファインダーを装備。

 本体サイズは幅112.5×高さ72.2×奥行き79.0mm、重さは約310g。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top