キヤノン、EFレンズの生産数3,000万本を突破 | RBB TODAY

キヤノン、EFレンズの生産数3,000万本を突破

 キヤノンは19日、AF一眼レフカメラ「EOSシリーズ」用交換レンズ「EFレンズ」の累積生産本数3,000万本を達成したと発表した。

IT・デジタル デジカメ
 キヤノンは19日、AF一眼レフカメラ「EOSシリーズ」用交換レンズ「EFレンズ」の累積生産本数3,000万本を達成したと発表した。EFレンズは、1987年に宇都宮工場で生産を開始し、1995年8月には1,000万本、2001年2月には2,000万本を突破し、その5年後には3,000万本を達成した。

 現在、EFレンズのラインアップは、超広角14mmから超望遠600mmまでをカバーするほか、標準ズームや望遠ズーム、大口径レンズ、さらにはアオリ機能搭載のTS-Eレンズなど、合計58種類を用意しており、交換レンズ市場のトップシェアを獲得している。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top