マイクロソフト、日本向け製品を開発する新会社を設立 | RBB TODAY

マイクロソフト、日本向け製品を開発する新会社を設立

 マイクロソフトと米マイクロソフトプロダクトディベロップメントリミテッド(以下:MPD)は、2005年11月16日付で、新会社として「マイクロソフトディベロップメント株式会社」を設立し、2006年4月1日付で、現在のMPDの事業を移管すると発表した。

エンタープライズ その他
 マイクロソフトと米マイクロソフトプロダクトディベロップメントリミテッド(以下:MPD)は、2005年11月16日付で、新会社として「マイクロソフトディベロップメント株式会社」を設立し、2006年4月1日付で、現在のMPDの事業を移管すると発表した。

 今回の新会社設立およびMPDからの事業移管は、2005年7月26日に公布された新会社法に基づいたもの。さらに、日本におけるマイクロソフトの経営方針「Plan-J」に基づいて、日本における製品開発体制において、より日本に根付いた体制を目指すものとしている。

 新会社であるマイクロソフトディベロップメントは、米マイクロソフトコーポレーションの100%子会社であり、日本におけるマイクロソフトの製品企画・開発を行う。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top