米ブロードコム、CES2006にて「Wi-Fiビデオ電話チップセット」を発表 | RBB TODAY

米ブロードコム、CES2006にて「Wi-Fiビデオ電話チップセット」を発表

 米ブロードコムは現地時間の5日、「International CES 2006」において、世界初となるワイヤレス携帯端末およびデスクトップ・ビデオIP電話向けWi-Fiビデオ電話チップセットを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 米ブロードコムは現地時間の5日、「International CES 2006」において、世界初となるワイヤレス携帯端末およびデスクトップ・ビデオIP電話向けWi-Fiビデオ電話チップセットを発表した。

 同チップセットはすでに製造出荷が開始されており、リファレンス・デザインとソフトウェア・プラットフォームが早期導入パートナー企業向けに出荷されている。このリファレンス開発プラットフォーム「BCM91161VP」は、携帯端末筐体に実装された30フレーム/秒対応のビデオカメラとカラー液晶ディスプレイが含まれたもの。さらに、同社のxChange VoIPソフトウェア群、SIPコール・シグナリング・スタック、WLAN OneDriverおよびLinux OS搭載ボードをサポートするパッケージのほか、ドライバおよびソフトウェア開発ツールも備えている。

 新しいWi-Fiビデオ電話チップセットは、BCM1161モバイルVoIPプロセッサ、BCM4318E AirForce One Single-Chip 802.11b/g WLANソリューション、およびBCM2702 VideoCoreマルチメディア・プロセッサを含んだもの。また、同チップセットには完全機能搭載のWi-Fiビデオ電話携帯端末とデスクトップ製品を設計するために、単一のソフトウェア・パッケージに統合された同社のVoIP、ビデオ、Wi-Fiソフトウェアも含まれているという。

 同チップセットでは、高品質のビデオおよび音声通信製品で求められている主要機能が提供されており、最大30フレーム/秒のビデオ・レートのH.264とH.263、他のデバイスやアプリケーションと相互運用可能な鮮明で滑らかなデジタルビデオを可能にするQCIFからCIFまでの全二重ビデオ解像度など、高解像度ビデオ通信規格をサポート。さらに、広範な液晶ディスプレイとPAL/NTSCテレビ出力に対応する統合ディスプレイ・コントローラも備えられている。また、BCM4318E WLANデバイスでは、WMM、WPA/WPA2セキュリティ、簡単なボタン操作でデバイス・コンフィギュレーションを可能にするSecureEasySetupソフトウェア、ワイヤレスの通信距離を拡張するBroadRange技術をサポートしているという。

 同チップセットの発表に際し、VoIP電話製品マーケティング担当ディレクタのポール・ショア氏は、「ついにビデオ電話の時代が到来しました。当社は複数の先進技術を集積することが可能であるため、顧客は世界水準のビデオ品質を備えると同時にコスト効率に優れた低消費電力のビデオ電話を市場投入することができます。今日の市場に出荷されているビデオ電話は、量産市場で求められる価格とビデオ品質の基準を満たしていません。当社の新しいチップセットとソフトウェアは、これら2つの主要な市場促進要素を向上させるため、当社はビデオIP電話における市場リーダーとしての地位を確立することになります」とコメントしている。
《村上幸治》
page top