沖縄で“ワイヤレスブロードバンド”による地域振興のシンポジウム | RBB TODAY

沖縄で“ワイヤレスブロードバンド”による地域振興のシンポジウム

ブロードバンド その他

 ワイヤレスブロードバンド(WBB)による地域振興を考えるシンポジウム「沖縄 2006 WBBシンポジウム」が、1月20日(金)に沖縄市民会館中ホールで開催される。

 ライブドアの「livedoor wireless」とYOZANの「BitStand」を皮切りに、移動通信であってもブロードバンド接続環境が得られるというサービスが続々と開始されている。このWBBだが、地形という個別の地域特性を生かすことで、地域産業を創造する可能性が広がる。

 このシンポジウムは、WBBから見た産業創造を考え、地域振興を進めようというものだ。

 参加費は無料だが、事前の申し込みが必要。詳細は、Webサイトにあるので、そちらをご覧いただきたい。

●シンポジウム
 日時:1月20日(金)13:00〜17:30
 会場:沖縄市民会館中ホール
 参加費:無料
 主催:タウンアクティブクラブ、アイ・ティ・オキナワ、沖縄情報通信懇談会
 共催:特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティセンター(SCCJ)、モバイルブロードバンド協会(MBA)

●スケジュール
・小泉純子氏(総務省電波部 電波政策課 周波数調整官)
 「ワイヤレス・ブロードバンド環境の構築に向けた総務省の取組み」
・中島昌彦氏(アイ・アール・アイ コマース アンド テクノロジー取締役)
 「WBBの現状と今後の展開」
・喜久川政樹氏(ウィルコム執行役員/ウィルコム沖縄取締役)
 「PHS通信の現状と次世代PHS」(W-ZERO3のデモ)
・吉田雅彦氏(経済産業省産業技術環境局知的基盤課長)
 「WBBを活用した地域産業の振興政策」
・高木治夫氏(ネットイン京都代表取締役)
 「地形の希少価値を活用した地域でのこれからのWBB展開」
・関幸子氏(まちづくり三鷹 シニアマネジャー)
 「三鷹市を事例としたITによるまちづくり」
・シンポジウム
 コーディネータ:伊波靖氏(国立沖縄工業高等専門学校メディア情報工学科講師/タウンアクティブクラブ技術担当責任者)
《安達崇徳》
page top