コダック、焦点距離23mmワイドと光学3倍ズームの2レンズを搭載したデジカメ「EasyShare V570」 | RBB TODAY

コダック、焦点距離23mmワイドと光学3倍ズームの2レンズを搭載したデジカメ「EasyShare V570」

IT・デジタル デジカメ

Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ
  • Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ
  • 付属のカメラドック「Kodak EasyShare フォトフレームドック2」にセットしたところ
  • 別売の「Kodak EasyShare プリンタードックシリーズ3」に載せれば、写真を手軽にプリントできる
 コダックは、35mm判換算の焦点距離が23mmのウルトラワイドレンズと、同39〜117mmの光学3倍ズームレンズを1つのカメラに搭載したコンパクトデジタルカメラ「EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ」を2月上旬に発売する。価格はオープン。

 V570は、同社独自の新技術「コダックレチナデュアルレンズテクノロジー」を採用することで、焦点距離の異なる2つのレンズを組み合わせることを可能にしたコンパクトデジカメ。この技術により、広角23mm相当から117mm相当までをカバーする、5倍ズームにあたる写真撮影が可能となっている。なお、ウルトラワイドレンズの画角は86度で開放F値はF2.8、ズームレンズの開放F値はF3.9〜4.4となっている。

 CCDには500万画素1/2.5型CCD、表示部には2.5型23万画素液晶ディスプレイを搭載。記録用メモリーにはSDメモリカード/MMCが採用されている。

 本体サイズは幅101×高さ49.8×厚さ20.4mm(電源OFF時)、重さは125g(電池・カード除く)。バッテリーにはリチウムイオン充電池が採用されており、撮影可能枚数は約160枚(CIPA規格準拠)。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top