「Bフレッツ」で外出先からテレビ番組やHDDレコーダの映像を楽しもう(ダイジェスト版) | RBB TODAY

「Bフレッツ」で外出先からテレビ番組やHDDレコーダの映像を楽しもう(ダイジェスト版)

IT・デジタル その他

 NTT東日本・NTT西日本が2005年12月8日に発売を開始したNTT東日本・NTT西日本のロケーションフリーベースステーション「サザンクロス LF-PK1」 セットは、「サザンクロス」シリーズの一製品。この製品はいわゆる「デジタル家電」的な製品となっており、自宅内の有線・無線LANを経由して、あらゆる場所からテレビを見られるというのが最大の特徴だ。 

 アンテナ入力端子、2系統の映像入力端子を搭載、入力された各種映像は無線LANを介してWindowsパソコンから視聴できる。テレビ用アンテナ線の届いていない場所からでも、ノートパソコンと無線LANの電波があれば、リアルタイムでテレビを楽しめるという訳だ。

 しかも、自宅内でLAN経由のテレビ視聴が簡単にできるだけでなく、外出先からでもインターネット経由でテレビが見られる。IPベースのテレビ視聴が可能な本商品の最大の強みで、「NetAV」と呼ばれている。 簡単な事前設定だけで、あとは、クライアントソフトからベースステーションを選べば視聴が可能。ホットスポットや職場のネットワーク、友人の家であろうとも基本的にネットワーク環境さえあれば、クライアントソフトを立ち上げるだけという簡単さはある意味驚嘆に値する。

 さてこのNetAV機能だが、Web閲覧やメールの受信といったインターネット活用法とは根本的に異なる部分がある。それは「上り帯域を必要とするサービス」だということだ。 上り帯域の容量を考慮して自動的に映像画質を調整する機能を備えており、ADSLより上り通信速度に優れる光ファイバー系のサービス「Bフレッツ」であれば、本商品をより高画質で楽しめるのだ……


(全文はRBB TODAY光特集ページに掲載)
《RBB TODAY》
page top