NTT Comの「cocoaギガストレージ」に自分のPC環境が保存できるサービス | RBB TODAY

NTT Comの「cocoaギガストレージ」に自分のPC環境が保存できるサービス

エンタープライズ その他

 NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)とサスライトは、12月21日(水)より、NTT Comが提供するオンラインストレージ「cocoaギガストレージ」と、サスライトの開発商品であるパソコン環境を携帯できるUSBデバイス「SASTIK - 0 MB II Standard」(以下「SASTIK II」)との間で機能連携を提供する。

 「SASTIK II」は、USBデバイスにより、家庭や職場の共用パソコンや、外出先のパソコン上でも、常に自分専用にカスタマイズされたデスクトップやメール環境などを利用できるサービス。

 今回、この「SASTIK II」のデータ保存先として、インターネット上の「cocoaギガストレージ」を利用するための操作メニューを追加。これにより、オンラインのデータ保存容量は25MBから1GBに拡大し、いままでデータ容量が多すぎるために「SASTIK II」だけでは保存しきれなかったファイルを、従来と同様の簡単な操作で「cocoaギガストレージ」に蓄積できるようになる。 

 同サービスは12月21日から提供が開始された。利用に伴う料金は「cocoaギガストレージ」の利用料が月額315円、「SASTIKサービス」の利用料が月額157円となる。

 なお、利用にあたっては「SASTIK II」本体のUSBデバイス(価格はオープン)の購入が必要。また「SASTIK II」のユーザは、「cocoaギガストレージ」に申込めば、すぐに利用できる。
《竹内充彦》

特集

page top