マイクロソフト、共有PCの管理を支援するソフトウェアを無償でリリース | RBB TODAY

マイクロソフト、共有PCの管理を支援するソフトウェアを無償でリリース

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは、学校や図書館、インターネットカフェなどの公共の場所で使用する共有PCの管理支援ツール「Microsoft Shared Computer Toolkit for Windows XP 日本語版」の無償提供を、12月21日より開始する。

 同社のWebサイトからのダウンロードと、CD-ROMオーダーセンターからの取り寄せ(送料などの実費はユーザー負担)で入手できる。対象OSは、Windows XP Service Pack 2が適応された、Windows XP Home Edition/Professional/Tablet PC Edition。

 Shared Computer Toolkitは、Windows XPを実行する信頼性の高い共有コンピュータを、誰でも簡単にセットアップ、保護、管理できるようにするソフトウェアツールキット。同ツールキットでは、ユーザー制限機能やWindowsディスク保護機能などが行える。

 ユーザー制限機能は、Windowsシステムや重要なデータへのアクセスを制限したり、許可されていないソフトウェアの実行を禁止するというもの。

 一方のWindowsディスク保護機能は、共有コンピュータのHDDへの変更を再起動するたびにクリアするというもの。これにより、コンピュータに必要なファイルなどを誤って削除したり、ウイルスやワーム、スパイウェアといった悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまった場合でも、再起動するたびに元の状態に戻される。もちろん、Windowsの重要な更新やウイルス対策ソフトウェアの更新など指定されたソフトウェアの変更を維持する事も可能となっている。
《村上幸治》

特集

page top