イード、海外市場調査に適したインターネットリサーチサービスを開始 | RBB TODAY

イード、海外市場調査に適したインターネットリサーチサービスを開始

エンタープライズ その他

 調査会社のイードは、日本企業の海外市場に関する調査を対象とした「海外インターネットリサーチ・サービス」を開始した。海外の調査会社と提携したサービスで、欧米と中国についてはサンプルサプライ方式(調査パネルの交換利用)で提供される。

 サンプルサプライによるパネル数は、一般消費者、企業関係者で米国1,100万人、欧州550万人、中国100万人、カナダ40万人、オーストラリア20万人。サンプルサプライ方式により、アンケート実施サーバを日本側でイードが直接管理できる。また、各国の状況に合わせた質問票のカスタマイズや、同一の質問票で複数の国を同時に調査したり、日本サーバでのスクリーニングをおこなうことも可能。費用についても、現地調査会社に全面委託するよりも低く抑えられるとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top