【mobidec】バンダイネットワークス、モバイル通販のポイントはリアル店舗に置いていないオリジナル商品 | RBB TODAY

【mobidec】バンダイネットワークス、モバイル通販のポイントはリアル店舗に置いていないオリジナル商品

エンタープライズ その他

 mobidecのバンダイネットワークスのセッションでは、「バンダイネットワークス モバイルコマースの展開」と題して、同社とパートナー企業が展開するモバイル通販サイトを紹介した。
  •  mobidecのバンダイネットワークスのセッションでは、「バンダイネットワークス モバイルコマースの展開」と題して、同社とパートナー企業が展開するモバイル通販サイトを紹介した。
  • キャラクター通販では、仮面ライダーやガンダムをテーマにしたオリジナル商品を扱う
  • 同社が展開するファッション分野のモバイル通販サイトの一部
  • 同社がCPとしてパートナー企業に提供する業務の流れ
  • 同社がパートナー企業に提供するさまざまなサービス
 mobidecのバンダイネットワークスのセッションでは、「バンダイネットワークス モバイルコマースの展開」と題して、同社とパートナー企業が展開するモバイル通販サイトを紹介した。同社はデジタルコンテンツの配信・運営を中心に展開し、現在、640サイト、420万人の課金対象会員を保有するコンテンツプロバイダーだ。

 同社が展開する通販サイトは、キャラクター通販とモバイル通販の2つに分けられるという。

 キャラクター通販は、キャラクターグッズを中心とした自社のインターネット通販サイト「LaLa Bit」だ。同サイトは、パソコン上のWebブラウザを対象にデザインされたサイトで、売り上げの半分以上が同サイトでしか手に入らないオリジナル商品だという。

 モバイル通販は、同社がパートナー企業と共に展開する携帯電話向けにデザインされた通販サイトで、現在15サイトを保有している。その内訳は、ファッション分野9サイト、くらし雑貨分野4サイト、ビューティー分野2サイトとなっている。いずれも20〜35歳の女性(F1層)やローティーンの女性をターゲットにしているのが特徴的である。

 加藤氏によれば、モバイル通販サイトの成否は、リアル店舗との差別化が重要だと強調した。すなわちリアル店舗には置いていない、オリジナル商品が集客力につながるのだという。

 モバイル通販サイト「コインdeアクセ」を出店している宝石店は、リアル店舗も展開しているが、通販サイトでしか手に入らないオリジナル商品を置くことで売り上げを伸ばしている。

 また、リアル店舗や雑誌との連携により、いかに顧客をサイトへ誘導するかが重要だとも分析している。加藤氏は「雑誌からの誘導が意外と効果的で、このデジタル時代において、紙媒体の強さを再認識した」と感想を述べた。

 同社はコンテンツプロバイダーとして多くのノウハウを蓄積しており、モバイル通販サイトで自社商品を販売したいと考えているパートナー企業に対して、さまざまな業務やサービスを提供していく。モバイル通販に進出したい企業にとっては心強い存在だ。
《竹内充彦》

特集

page top