【CEATEC 2005】ソニー、薄型テレビの新ブランド「BRAVIA」を前面にアピール | RBB TODAY

【CEATEC 2005】ソニー、薄型テレビの新ブランド「BRAVIA」を前面にアピール

IT・デジタル テレビ

液晶テレビの新シリーズ「BRAVIA」のラインアップを一堂に展示
  • 液晶テレビの新シリーズ「BRAVIA」のラインアップを一堂に展示
  • あらたに開発されたソニーパネルの特徴を展示
  • 液晶パネルの素材となるマザーガラスの実物も併せて展示
  • 11月発売予定のデジタルオーディオプレーヤー「ウォークマン Aシリーズ」の視聴スペース
  • HDD搭載のCD/MDミニコンポ「ネットジューク」。画面にはmoraの情報を表示している
  • ブルーレイディスクを使ったビデオ編集をデモしている「VAIO Type R」
  • デジタルチューナー搭載のリビングPCとアナログ8チャンネル分の放送を丸ごと保存できるビデオレコーダー・サーバーの組み合わせ
 ソニーブースでは、正面に幅広く取られたステージに、薄型テレビの新ブランドとなる「BRAVIA(ブラビア)」を並べ、ブランドカラーの赤を基調とした照明でライトアップしているのが印象的だ。BRAVIAは、新開発の「ソニーパネル」という液晶パネルを用いた製品のシリーズとなっており、液晶テレビに加え、3LCDのリアプロテレビもそのラインアップとして並んでいる。またステージ脇には、ソニーパネルの解説と併せて液晶パネルのマザーパネルを展示しているのが印象的だ。

 ブース脇には、11月に発売予定の「ネットワークウォークマン」の視聴スペースが設けられているほか、参考出品としてHDD搭載のミニコンポ「ネットジューク」が展示されている。ネットジュークは、インターネット接続によりCD情報の取得が可能なほか、音楽ダウンロードサイト「mora」から楽曲の購入もできるようにするとのことだった。

 このほか、PCではブルーレイディスクレコーダー搭載の「VAIO R」や、デジタルハイビジョンチューナーを内蔵したリビンクPC「type X living」と、アナログチューナを8つ搭載し、連続で最大3週間分の放送を丸ごと保存できるビデオレコーダー・サーバー「Xビデオステーション」の展示が行われている。
《村上幸治》

特集

page top