gooがRSS活用を強化、Web版とiアプリ版のリーダを提供開始、従来アプリの強化も | RBB TODAY

gooがRSS活用を強化、Web版とiアプリ版のリーダを提供開始、従来アプリの強化も

ブロードバンド その他

NTTレゾナント ポータル事業本部 館隆志パーソナル事業部長から発表
  • NTTレゾナント ポータル事業本部 館隆志パーソナル事業部長から発表
  • iアプリ版についてはエミュレーション画面で解説された
  • Webブラウザ版とアプリ版は、機能と速度で切り分けを行い両方とも存続させるとのこと
  • Webブラウザ版goo RSSリーダー
  • アプリケーション版goo RSSリーダー
 インターネットポータルサイト「goo」は、10月4日にRSSを活用した事業展開に力を入れていくことを発表した。具体的な第一弾展開として、昨年9月から無償提供を行っていた「goo RSSリーダー」について、従来のアプリケーション版だけでなく、Webブラウザ版およびiアプリ版の2種をあらたに投入、同日より提供を開始した。また既存のアプリケーション版についても、gooブログとの連動機能やWeb版との記事同期機能を年内に搭載するなどして、高機能化と差別化を図る予定。

 Webブラウザ版は、マウスでのサイト登録、人気サイトの紹介、gooブログとの連動といった機能を持つ。後発のメリットからかアプリケーション版より多機能だ。利用には事前にgoo IDの登録が必要。iアプリ版については、記事チェックできるよう、最低限の機能しか持たないが、Webブラウザ版と記事を共有・同期させることが可能。現在はiアプリ版しかないが、今後は携帯電話全キャリアに向けて提供したいとしている。

 「goo RSSリーダー」は、すでに累計約38万件ダウンロードされており、かなりの人気を誇っている。goo本体も、最新ニュースや天気など100件以上のRSSを配信している。この方向性を強化することで、RSSリーダー向け広告配信サービス提供、RSS未対応サイトに対する自動配信サービス提供といったビジネスにつなげていきたいとのこと。当面の目標として、Webブラウザ版10万件、iアプリ版10万件、アプリ版80万件の利用者獲得を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top