シックス・アパート、Movable Type 3.2 日本語版の提供を開始。スパム対策機能を強化 | RBB TODAY

シックス・アパート、Movable Type 3.2 日本語版の提供を開始。スパム対策機能を強化

 シックス・アパートは、ブログ構築ソフトウェアの最新版「Movable Type 3.2 日本語版」の提供を29日から開始した。スパム対策機能を標準搭載したほか、コメント/トラックバック管理機能などを強化し、管理画面のユーザーインターフェイスを改良したもの。

エンタープライズ その他
 シックス・アパートは、ブログ構築ソフトウェアの最新版「Movable Type 3.2 日本語版」の提供を29日から開始した。スパム対策機能を標準搭載したほか、コメント/トラックバック管理機能などを強化し、管理画面のユーザーインターフェイスを改良したもの。
  •  シックス・アパートは、ブログ構築ソフトウェアの最新版「Movable Type 3.2 日本語版」の提供を29日から開始した。スパム対策機能を標準搭載したほか、コメント/トラックバック管理機能などを強化し、管理画面のユーザーインターフェイスを改良したもの。
  •  シックス・アパートは、ブログ構築ソフトウェアの最新版「Movable Type 3.2 日本語版」の提供を29日から開始した。スパム対策機能を標準搭載したほか、コメント/トラックバック管理機能などを強化し、管理画面のユーザーインターフェイスを改良したもの。
 シックス・アパートは、ブログ構築ソフトウェアの最新版「Movable Type 3.2 日本語版」の提供を29日から開始した。スパム対策機能を標準搭載したほか、コメント/トラックバック管理機能などを強化し、管理画面のユーザーインターフェイスを改良したもの。また、Movable Typeの開発チームの半分を日本法人に置くことなどが併せて発表された。

 Movable Typeは2001年に登場したブログ構築用のサーバーソフトウェアで、現在までに世界中の個人ならびに法人による多くのブログサイトで採用されている。Movable Type 3.2は、米国Six Apartから8月25日(米国時間)に提供が開始され、日本語版については9月9日より公開ベータテストが行われていた。

 Movable Type 3.2は、「SpamFighter」という開発コードネームが示すように、迷惑コメントや迷惑トラックバックといったスパムへの対策に重点をおいて開発された。具体的には、コメントやトラックバックがスパムであるかどうかを演算処理によって評価する「SpamLookup」フィルター・プラグインを標準で搭載している。このようなスパムフィルターを搭載したのは、ブログ構築ソフトウェアとしては初めてだという。

 このフィルターによって演算結果が閾値を超えた場合に迷惑コメント/トラックバックであると判断し、一定期間の後に自動削除する。ただし誤って判断された場合には、人手による編集で復旧できる。

 またMovable Type 3.2では、コメント/トラックバック管理機能などのコミュニケーション機能も強化され、管理画面のユーザーインターフェイスが改良された。さらに日本語化にあたっては、単なる言語の置き換えでなく、日本語フォントでの表示に合わせてスタイルシートを改善したという。ダイナミック・パブリッシング機能においては、従来MySQL 4.xのみに対応していたが、PostgleSQL、SQLiteにも対応した。

 このように、機能面ではメジャーバージョンアップなみの強化・改善が行われているが、バージョンナンバーは3.1から3.2へという変化にとどまっている。これはバージョン番号の整数部が変わらなければ既存ユーザーに無償で新バージョンを提供できるために、あえてそのようにしたという。したがって、Movable Type 3.1 日本語版を既に購入済みのユーザーは、無償でアップデートできる。

 新しいバージョンは29日午後3時からダウンロードで提供するほか、CD-ROM版も順次出荷される。新規販売の場合、個人ライセンスパックは8,200円から、通常ライセンスパックは31,500円から(いずれも税込み)となる。

 なお、この発表に併せて、同社の機構変更も発表された。米国Six ApartのCEO、バラック・バーコヴィッツ氏によれば、日本では法人向けの需要が特に高いという。そこで、Movable Typeの開発チームの約半分、特に法人向けの開発拠点を日本に移し、またエンジニアリングのワールドワイドのリーダーをシックス・アパート執行役員の平田大治氏が務めることになったという。これにより、日本におけるブログの企業利用のニーズに、よりタイムリーに対応できるようになるとしている。
《小笠原陽介》

特集

page top