東芝、デジタルハイビジョンチューナーを内蔵したHDD&DVDレコーダー「RD-X6」など4機種 | RBB TODAY

東芝、デジタルハイビジョンチューナーを内蔵したHDD&DVDレコーダー「RD-X6」など4機種

 東芝は28日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー内蔵のHDD&DVDレコーダー「RD-X6」「RD-XD91」「RD-XD71」、HDD&DVDレコーダー「RD-XS38」、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR3」の計5機種を発表した。

IT・デジタル レコーダー
RDシリーズ最上位モデル「RD-X6」
  • RDシリーズ最上位モデル「RD-X6」
 東芝は28日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵したHDD&DVDレコーダー「RD-X6」「RD-XD91」「RD-XD71」、HDD&DVDレコーダー「RD-XS38」、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR3」の計5機種を発表した。価格はすべてオープン。

 新ラインアップのHDD容量、実売予想価格、発売日は以下のとおり。

・RD-X6(600GバイトHDD):19万円前後 12月上旬
・RD-XD91(400GバイトHDD):17万円前後 11月上旬
・RD-XD71(200GバイトHDD):13万円前後 11月上旬
・RD-XS38(200GバイトHDD):85,000円前後 12月上旬
・D-VR3:45,000円前後 12月上旬

 RD-X6、RD-XD91、RD-XD71の3モデルは、地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵し、HDDにデジタルハイビジョン放送をそのままの画質で録画できるほか、デジタルハイビジョン放送と地上アナログ放送をHDDに同時録画できる「デジタル×アナログW録」機能を搭載。さらに、RD-X6は、地上アナログチューナーとMPEG2エンコーダーも各2つ搭載しており、アナログ放送とスカパー!/CATVなどのライン入力からの2番組同時録画も可能だ。

 本製品には、新しいハイビジョン対応の画像表示・編集機能プラットフォーム「RDエンジンHD」を搭載した。新エンジンは、HD映像でもアナログ映像と同様の編集機能を実現する統合型チップと、16:9の画面比率に対応した新開発の操作画面(GUI)、操作系ソフトで構成されており、HDD&DVDレコーダー初号機「RD-2000」商品化以後初めてのハード、ソフトの大幅な改良を行っているという。

 DVDマルチドライブは、DVD-R最大16倍速、DVD-RAM最大5倍速、DVD-RW最大6倍速で書き込みが行えるほか、HDDからDVD-Rへのダビング時は最大120倍速の高速ダビングが可能だ。また、DVD-Rについては、DVD-R DL(2層)ディスクにも対応している。

 映像DACは、RD-X6が12ビット/216MHz、RD-XD91/71が10ビット/148.5MHz、RD-XS38が10ビット/54MHzとなる。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top