東芝、フルHDパネル搭載の47/42/37V型デジタルハイビジョン液晶テレビ | RBB TODAY

東芝、フルHDパネル搭載の47/42/37V型デジタルハイビジョン液晶テレビ

 東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新製品として、フルHDパネルまたはWXGAパネルを搭載した「液晶 beautiful “face” Z1000」シリーズ4機種を10月下旬から順次発売する。

IT・デジタル テレビ
フルHDパネル搭載の47V型デジタルハイビジョン液晶テレビ「47Z1000」
  • フルHDパネル搭載の47V型デジタルハイビジョン液晶テレビ「47Z1000」
 東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新製品として、フルHDパネルまたはWXGAパネルを搭載した「液晶 beautiful “face” Z1000」シリーズ4機種を10月下旬から順次発売する。

 Z1000シリーズのラインアップは以下のとおり。

・47V型「47Z1000」:70万円前後 11月中旬
・42V型「42Z1000」:57万円前後 10月下旬
・37V型「37Z1000」:47万円前後 10月下旬
・32V型「32Z1000」:37万円前後 10月下旬

 4機種すべてに地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵。47/42/37V型にはフルHD(1,920×1,080ドット)の液晶パネルを、32V型には1,366×768ドットの液晶パネルを装備する。いずれも視野角は178度、輝度は500cd/m2。

 さらに、47/42/37V型では同社独自のフルデジタル高画質処理システム「メタブレイン・プロ」を搭載した。このメタブレイン・プロには、新開発のフルHD映像処理LSIやDDR2メモリを採用し、きめ細かな階調表現や色補正、ノイズ低減を追求したとしている。

 また、NTT東日本グループのぷららネットワークスが提供する光ブロードバンド放送「4th MEDIA」の映像配信サービスに対応し、約4,500の映像コンテンツを視聴できるようになったのも特徴だ。

 インターフェースは、HDMI入力、D4入力、i.LINK×2、Ethernet×3、Sビデオ入力×2などを用意する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top