携帯で地デジ放送が見られる「ワンセグ」に対応した端末をドコモとauが発表 | RBB TODAY

携帯で地デジ放送が見られる「ワンセグ」に対応した端末をドコモとauが発表

ブロードバンド その他

 NTTドコモグループ9社とKDDI/沖縄セルラーはそれぞれ27日に、2006年4月1日より放送が開始される地上デジタルテレビ放送1セグメント部分受信サービス(呼称:ワンセグ)に対応する携帯電話端末を発表した。
  •  NTTドコモグループ9社とKDDI/沖縄セルラーはそれぞれ27日に、2006年4月1日より放送が開始される地上デジタルテレビ放送1セグメント部分受信サービス(呼称:ワンセグ)に対応する携帯電話端末を発表した。
 NTTドコモグループ9社とKDDI/沖縄セルラーはそれぞれ27日に、2006年4月1日より放送が開始される地上デジタルテレビ放送1セグメント部分受信サービス(呼称:ワンセグ)に対応する携帯電話端末を発表した。

 地上デジタルテレビ放送では、1チャンネルの帯域を13セグメントに分割し、そのうちの1セグメントを移動体向けに利用していることから、携帯向けテレビ放送を「ワンセグ」と呼んでおり、2006年4月1日より関東・中京・近畿の広域圏などで放送開始予定となっている。

 NTTドコモが発表した端末は、2.5型の広視野角液晶ディスプレイ(横240×縦320ドット)を採用した「FOMA P901iTV」。デジタル放送の番組表機能であるEPGをiアプリにより実現しており、番組選局も可能。また、省電力設計により2.5時間以上の連続視聴が可能だとしている。なお、デジタル放送に加え、地上アナログ放送にも対応しており、アンテナ内蔵のステレオイヤホンを使うことで受信感度が向上する。

 そのほかの機能として、202万画素デジタルカメラや「おサイフケータイ」機能などを搭載。本体サイズは高さ110×幅51×厚さ27mm、重さは約145g。本体色としてホワイトとブラックが用意される予定だ。

 一方のKDDI(au)が発表した端末は、16:9のワイド画面に対応する「W33SA」。ワイド画面でクリアな映像と音声を視聴できるだけでなく、番組に関するさまざまな情報を受信できるデータ放送と、携帯電話の通信機能を融合した双方向サービスで、テレビ番組をインタラクティブに楽しめるとしている。なお、画面サイズなどの細かなスペックは現時点では公開されていない。

 また、放送で流れているBGMの曲名を検索できる「聴かせて検索」との連携など「EZテレビ」の機能に加え、「EZナビウォーク」と連携してテレビ番組で紹介されたスポットへ地図で案内する機能など、同社ならではの独自サービスを提供する予定だとしている。

 なお、これらの端末は、10月4日から8日にかけて幕張メッセ(千葉)で開催される「CEATEC JAPAN 2005」にて、両社ブースで展示される予定となっている。
《村上幸治》

特集

page top