ソニー、地上デジタル/地上アナログ/BSデジタル/110度CSデジタルチューナーを1パッケージ化 | RBB TODAY

ソニー、地上デジタル/地上アナログ/BSデジタル/110度CSデジタルチューナーを1パッケージ化

IT・デジタル テレビ

 ソニーは、地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送の4チューナー機能を1パッケージ化したチューナーモジュール「SUV-AK45XZ」を商品化し、9月にサンプル出荷する。サンプル価格は5万円。
  •  ソニーは、地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送の4チューナー機能を1パッケージ化したチューナーモジュール「SUV-AK45XZ」を商品化し、9月にサンプル出荷する。サンプル価格は5万円。
 ソニーは、地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送の4チューナー機能を1パッケージ化したチューナーモジュール「SUV-AK45XZ」を商品化し、9月にサンプル出荷する。サンプル価格は5万円。

 同製品は、高密度実装技術を駆使することにより、4つのチューナー機能を一体化しながらも縦100mm×横50mm×厚さ14mmの小型形状を維持し、地上アナログ/地上デジタルチューナーと、BSデジタル/CSデジタルチューナーが別パッケージの場合に比べ、容積を約10%削減。また、使用半導体を低消費電力化することにより、消費電力も20%削減したという。

 地上アナログ、地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルの各放送は、それぞれ異なる周波数帯で行なわれており、これらに対応するチューナー機能を1つのモジュールとして実装する場合、各信号が干渉し合い、映像の品質に影響を与える可能性がある。

 同製品では、高周波回路技術とシミュレーション技術を駆使することで、この干渉を克服したという。

 同社は、同製品を、今秋発売の同社製HDD搭載DVDレコーダーやテレビに搭載すると共に、積極的に外販していくとしている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top