キヤノン、映像エンジン「DIGIC II」を搭載したコンパクトデジカメ4機種を発売 | RBB TODAY

キヤノン、映像エンジン「DIGIC II」を搭載したコンパクトデジカメ4機種を発売

IT・デジタル デジカメ

800万画素のPowerShot S80
  • 800万画素のPowerShot S80
  • 500万画素のIXY DIGITAL L3
  • 710万画素のPowerShot A620(左)、500万画素の同A610(右)
 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」にも採用している映像エンジン「DIGIC II」を搭載したコンパクトデジタルカメラ4機種を10月上旬から順次発売する。DIGIC IIは、従来機種以上の高精度なホワイトバランス制御による高画質の実現や、起動時間の短縮など、画質・機能・レスポンスを大きく向上させた映像エンジン。

 ラインアップは、800万画素CCDと光学3.6倍ズームレンズ搭載の「PowerShot S80」、500万画素CCDと光学2.4倍ズームレンズ搭載の「IXY DIGITAL L3」、710万画素CCDと光学4倍ズームレンズ搭載の「PowerShot A620」および500万画素CCDと光学4倍ズームレンズ搭載の「同 A610」。価格はすべてオープンで、実売予想価格はS80が63,000円前後、L3が40,000円前後、A620が40,000円前後、A610が35,000円前後。

 PowerShot S80は、1/1.8型800万画素CCDと広角28mm(35mm判換算)からの光学3.6倍ズームレンズを搭載したモデル。同社が開発したガラスモールド非球面レンズ「UAレンズ」による、ボディのコンパクト化が特徴だ。ディスプレイには2.5型低温ポリシリコンTFT液晶を採用し、高輝度および省電力のバックライトにより視認性を高めるとともに、視野角が従来より1.5倍広がっている。また、昼間の屋外など周りが明るいところでも画面確認がしやすいように、輝度を一時的にアップさせる「LCDブースター」機能を搭載した。

 本体サイズは幅104×高さ57×奥行き38.8mm、重さは約225g。バッテリーには専用充電式リチウムイオン電池を採用し、撮影可能枚数は約200枚(CIPA規格)。

 IXY DIGITAL L3は、連続曲面で造形する「Curvature Design」技術により作られた美しいボディが特徴的なモデル。ダーククロムメッキを用いた滑らかな曲面と、アルミマグネシウム合金のシャープなディテールで造形されたパーツ構成となる。カラーバリエーションは、「ブラッドレッド」「ジェットブラック」「ファーブロンド」「モルフォバイオレット」の4色。

 付属品のカメラステーションは、カメラを置くだけで、充電、PCとのデータ転送、PictBridge対応プリンタとの接続、テレビとの接続が行える。

 本体サイズは幅96.1×高さ45.1×奥行き23.9mm、重さは約105g。バッテリーには専用充電式リチウムイオン電池を採用し、撮影可能枚数は約160枚(CIPA規格)。

 PowerShot A620/A610は、角度を自由に変えられる2.0型バリアングル液晶ディスプレイを搭載したモデルで、CCDおよびそれに伴う連写機能と、付属するSDメモリカードの容量以外は共通のスペックとなっている。このほか、大型グリップやワンタッチで撮影モードを切り替えられるモードダイヤルを採用するなどが特徴だ。

 本体サイズは幅104.8×高さ66.0×奥行き49.1mm、重さは約235g。バッテリーは単3形乾電池×4本(アルカリ乾電池、充電式ニッケル水素電池に対応)となっており、撮影可能枚数はアルカリ乾電池で約350枚、ニッケル水素電池で約500枚(CIPA規格)。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top