汎用OS時代のカーナビ商品企画を考えるセミナー開催 | RBB TODAY

汎用OS時代のカーナビ商品企画を考えるセミナー開催

ブロードバンド その他

 新社会システム総合研究所とIRIコマース&テクノロジーの両社は、9月29日、都内の明治記念館において、カーナビ版ウィンドウズの採用拡大やユーザーニーズ拡大がカーナビの商品企画にどのようなインパクトを与えるかを検証するセミナーを開催すると発表した。

 「2005年はカーナビの出荷台数が登録車の出荷台数を追い抜く見込みです。一方、カーナビのAV統合の流れは急で、ハンズフリー機能など普及と多機能化の流れが同時に進んでいるところが市場全体を混乱させています」(新社会システム総合研究所鉞田氏)

 一方、普及が引き起こす他品種と多機能の流れをうまく汲み取って、爆発的なシェア拡大を行っているのが、マイクロソフト社のカーナビ専用OS「Windows automotive」である。

 マイクロソフトはこの夏、バージョン5.0をリリースすると同時に、世界に向けて「windows mobile for automotive」というもう一つのクルマ専用OSをリリースすることで、その足場を盤石にしようとしている。

 今回のセミナーでは、一部でITSジャーナリストの神尾寿氏によるユーザーニーズ分析と提言を、二部でマイクロソフト社平野元幹ITS戦略統括部長によるカーナビマーケットの読みとアプローチを、三部ではより重要になるカーナビインターフェイスについてイード社の山口優チーフコンサルタントに、そして四部で神尾寿と平野元幹氏によるディスカッションを行いカーナビの進化と市場の行方について考察する予定。

●日時:9月29日(木)
 13:00-18:00
●会場:明治記念館
 東京都港区元赤坂2-2-23

(レスポンス編集部)
《RBB TODAY》

特集

page top