ビクター、フルHD対応の70/61/56型リアプロTV デジタルハイビジョンチューナー内蔵 | RBB TODAY

ビクター、フルHD対応の70/61/56型リアプロTV デジタルハイビジョンチューナー内蔵

IT・デジタル テレビ

70V型の「HD-70MH700」
  • 70V型の「HD-70MH700」
 日本ビクターは、リアプロテレビ「ビッグスクリーンエグゼ」シリーズの新製品として、フルHD対応の3機種を10月中旬から順次発売する。ラインアップは、70V型の「HD-70MH700」、61V型の「HD-61MH700」、56V型の「HD-56MH700」。

 いずれも地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵しているほか、新開発のフルハイビジョン(1,920×1,080ドット)「D-ILA」(Direct-Drive Image Light Amplifier)デバイスを採用した。

 また、画像処理能力を強化した新開発の総合インテリジェント制御システム映像知能「新・GENESSA(ジェネッサ)」を搭載し、映像の悪化要因であるノイズやジャギーを大幅に改善しているという。

 それぞれの発売予定、メーカー希望小売価格、サイズ(幅×高さ×奥行き)、重さは次のとおり。

● 70V型「HD-70MH700」
 10月中旬発売
 1,260,000円
 1,626×1,168×519mm
 72kg

● 61V型「HD-61MH700」
 11月上旬発売
 892,500円
 1,456×1,043×467mm
 47kg

● 56V型「HD-56MH700」
 10月中旬発売
 840,000円
 1,318×967×434mm
 43kg
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top