ソニー、ユーザーの好みを学習して自動録画するHDD&DVDレコーダー「スゴ録」 | RBB TODAY

ソニー、ユーザーの好みを学習して自動録画するHDD&DVDレコーダー「スゴ録」

IT・デジタル レコーダー

 ソニーは、DVDレコーダー「スゴ録」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種の計4機種を11月21日に発売する。
  •  ソニーは、DVDレコーダー「スゴ録」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種の計4機種を11月21日に発売する。
  •  ソニーは、DVDレコーダー「スゴ録」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種の計4機種を11月21日に発売する。
 ソニーは、DVDレコーダー「スゴ録」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種の計4機種を11月21日に発売する。

 ラインアップは、デジタルハイビジョンチューナー内蔵の400GバイトHDD搭載モデル「RDZ-D90」、250GバイトHDD搭載の上位モデル「RDZ-D70」、250GバイトHDD搭載の下位モデル「RDZ-D50」および、地上・BSアナログチューナー内蔵で250GバイトHDD搭載の「RDR-AX75」の4機種。価格はオープンで、実売予想価格はRDZ-D90が約18万円、RDZ-D70が約16万円、RDZ-D50が約13万円、RDR-AX75が約8万円。

 今回あらたに追加された新機能として、ラインアップ製品すべてに、ユーザーの「好み」を学習してテレビ番組を自動録画する機能「x-おまかせ・まる録」を搭載。また、DVDハンディカムで撮影した映像が記録された8cmDVDや、お気に入りの映像を記録した12cmDVDを高速に12cmDVDにコピーできる機能「まるごとディスクコピー」が搭載されている。

 RDZ-D90/70/50のみに追加された機能では、映画などの市販DVDソフトの製作過程で用いられる2パスエンコード技術を、HDDからDVDにダビングする際に採用した「ダイナミックVBRダビング PRO」を搭載。また、デジタル放送の字幕放送をDRモードでHDDに録画できるクローズドキャプション方式の機能や、DRモード以外でHDDやDVDに録画する場合でも字幕を映像中に焼きこむことができるオープンキャプション方式の機能が搭載されている。

 さらにRDZ-D90/70では、デジタルハイビジョンハンディカム(HDV1080i方式)や、ハンディカムと接続して、テープの頭だしからダビングまでを自動で行う「おまかせHDV/DVダビング」が搭載されており、撮影した高精細なハイビジョン映像をHDDにそのままの画質で簡単にダビングできるようになっている。このほか、デジタル放送とアナログ放送の同時録画機能や、HDMI端子が搭載されている。

 RDR-AX75には、新開発のMPEG4-AVC専用LSIを搭載。これにより、録りためた番組を「プレイステーション・ポータブル(PSP)」内の「メモリースティック PRO デュオ」や「メモリースティック デュオ」に高速転送して視聴できる「おでかけ・スゴ録」機能を実現している。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top