ソニー、外出先からもTVを視聴できるネットワーク対応TVチューナー | RBB TODAY

ソニー、外出先からもTVを視聴できるネットワーク対応TVチューナー

IT・デジタル ノートPC

ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1
  • ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1
 ソニーは、自宅のテレビ受信番組を外出先のPCでリアルタイムに視聴できるネットワーク対応のTVチューナー「ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1」、および視聴用PCソフト「LFA-PC2」を10月1日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格はLF-PK1が33,000円前後、LFA-PC2が2,000円前後。

 ロケーションフリーベースステーション LF-PK1は、専用ソフトLFA-PC2をインストールしたWindows PCを組み合わせることにより、TVチューナーのないPCでもテレビ視聴を可能にするテレビサーバ製品。

 ブロードバンド環境のあるホテルや、公衆無線LANが設置されたレストランなど、インターネット接続ができる外出先から、自宅で受信中のテレビ放送や、ベースステーションに接続されたAV機器の映像などをリアルタイムに視聴できる。

 また、ベースステーションにはIEEE802.11a/b/g準拠の無線LAN機能も搭載しており、専用ソフトがインストールされたPCに無線LANが搭載されていれば、宅内にてワイヤレスでのテレビ視聴も可能となっている。

 テレビのチャンネル切り替えや外部機器の操作は、すべてPC画面上のリモコンから可能。外部機器はソニー製AV機器のほか、他社製のビデオ機器や衛星チューナー、DVDプレーヤーなどを、ソニー独自のリモコン信号発信器「AVマウス」を使いコントロールする仕組みだ。

 設定は、PC上の画面案内に従って数回クリックするだけで機器登録が完了し、家の中のワイヤレス環境でテレビの視聴が可能となる。また、インターネット経由でテレビ放送を視聴する「NetAV」機能の初期設定を簡単に行うための仕組みも用意されており、UPnP機能を搭載したルーターと接続すれば、PC上の画面案内に従って数回クリックするだけでネットワークの初期設定が完了する。なお、ベースステーションとPCは1対1で機器認証されるため他人から勝手に使われてしまう心配はない。さらに、伝送されるデータはすべて暗号化されているという。

 ベースステーションには、VHF/UHF/CATVのアナログチューナーが搭載されているほか、入出力端子として、コンポジットビデオ入力端子と音声入力が各2系統とSビデオ端子を1系統装備する。
《村上幸治》

特集

page top