ファイバを引き込んだFTTHリアル体験スペース! 新宿駅にTEPCOひかり体験ブースが登場 | RBB TODAY

ファイバを引き込んだFTTHリアル体験スペース! 新宿駅にTEPCOひかり体験ブースが登場

ブロードバンド その他

 東京電力のFTTHサービス「TEPCOひかり」のプロモーションスペースが、新宿駅地下1階、小田急コンコースにオープンした。実際に光ファイバを引き込んで、PSP向け映像ダウンロードサービス「P-TV」や、IP電話などが体験できる。
  •  東京電力のFTTHサービス「TEPCOひかり」のプロモーションスペースが、新宿駅地下1階、小田急コンコースにオープンした。実際に光ファイバを引き込んで、PSP向け映像ダウンロードサービス「P-TV」や、IP電話などが体験できる。
  •  東京電力のFTTHサービス「TEPCOひかり」のプロモーションスペースが、新宿駅地下1階、小田急コンコースにオープンした。実際に光ファイバを引き込んで、PSP向け映像ダウンロードサービス「P-TV」や、IP電話などが体験できる。
  •  東京電力のFTTHサービス「TEPCOひかり」のプロモーションスペースが、新宿駅地下1階、小田急コンコースにオープンした。実際に光ファイバを引き込んで、PSP向け映像ダウンロードサービス「P-TV」や、IP電話などが体験できる。
 東京電力のFTTHサービス「TEPCOひかり」のプロモーションスペースが、新宿駅地下1階、小田急コンコースにオープンした。9月8日までの期間限定ながら、実際に光ファイバを引き込んで、PSP(プレイステーションポータブル)向け映像ダウンロードサービス「P-TV」や、IP電話「POINT Phone ひかり」などが体験できる。

 P-TVは、パソコンに接続したPSPに対してネット経由で映像をダウンロードするというSo-netのサービス。体験コーナーでは50分の台湾ドラマ(330MB)を5分ほどでダウンロード、FTTHのスピードを実感できるはずだ。また、0AB〜J IP電話サービス「POINT Phone ひかり」の通話やFAX、音楽配信サービス「Mora」も体験できるようになっている。

 取材中に加入申し込みをした女性は、光ファイバにした理由を「インターネットが速そうだから」「キャンペーンとか見てるとADSLと比べて高いという印象はない」とコメント。光ファイバが肩肘張らずに導入できるようになっていることが印象に残った。

 同様のプロモーションブースは、9月下旬に渋谷、10月に二子玉川で設置される予定とのことだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top