シマンテック、ネットワークに流入するスパムメールを激減させる新アプライアンスを発表 | RBB TODAY

シマンテック、ネットワークに流入するスパムメールを激減させる新アプライアンスを発表

エンタープライズ その他

 シマンテックは、8月24日、「Symantec Mail Security 8100シリーズ」を発表した。

 同製品は、不要な電子メールが企業内ネットワークに入る前に、その量を激減させるもので、運用管理コストや、ネットワークのボトルネック、メールインフラの費用、ストレージ容量を抑制することができる。発売は8月中を予定しており、同社のリセラー、ディトリビュータ、システムインテグレータ経由で、大企業とISPに向けて販売される。

 同製品の最大の特長は、スパムを受け取ってから隔離/廃棄するのではなく、スパム送信元のサーバ上でスパムを食い止めるというもので、対象となるサーバの判断は、送信者の実際のふるまいと、シマンテックの送信者評価データに基づいて行われる。そのため、同製品を使う顧客には、送信元評価と統計データが自動的にシマンテックからダウンロードされ、アプライアンスは常に最新の状態に保たれるという。

 同製品は、あらゆるメールサーバと互換性があり、透過的に企業ネットワーク内で動作し、1台のアプライアンスで最大75万件のユーザアカウント、1日3,500万通以上のメールを保護することができるうえ、複数のアプライアンスをクラスタ化することにより、スケーラビリティと高い可用性が実現できるとしている。
《竹内充彦》

特集

page top