キヤノン、2.5型液晶搭載の710万画素機「IXY DIGITAL 700」と500万画素機「同60」 | RBB TODAY

キヤノン、2.5型液晶搭載の710万画素機「IXY DIGITAL 700」と500万画素機「同60」

IT・デジタル デジカメ

2.5型液晶搭載の710万画素モデル「IXY DIGITAL 700」
  • 2.5型液晶搭載の710万画素モデル「IXY DIGITAL 700」
  • 2.5型液晶搭載の50万画素モデル「IXY DIGITAL 60」
 キヤノンは、同社コンパクトデジタルカメラ初の2.5型液晶ディスプレイを搭載した2機種「IXY DIGITAL 700」「IXY DIGITAL 60」を9月上旬から順次発売する。価格はオープンで、IXY DIGITAL 700が53,000円前後、同60が40,000円前後。

 IXY DIGITAL 700は、3月に発売した「同600」の後継機種で、同社のコンパクトデジカメとしては初めて2.5型の大型液晶ディスプレイを搭載したシリーズ最上位モデル。1/1.8型740万画素CCDと光学3倍ズームレンズ、映像エンジン「DIGIC II」を備える。

 また、大型の液晶画面を最大限に生かすためにユーザーインターフェースの見直しが図られており、静止画の画像送りやスライドショーにおける特殊効果をはじめ、カメラの向きに連動して画像の表示方向を自動的に変更する「縦横自動回転再生」など、多彩な再生機能を搭載した。

 撮影時に構図を確認できる「グリッドライン」や、アニメーションを用いた情報表示などを採用する。

 本体サイズは幅89.5×高さ57.0×奥行き27.4mm、重さは約170g(本体のみ)。バッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、撮影可能枚数は約150枚(CIPA準拠)。カラーバリエーションは、従来機種のシルバーグレーに加え、サテンベージュを用意する。

 IXY DIGITAL 60も、3月発売の「同55」の後継機種で、同700と同様に2.5型液晶ディスプレイを搭載しているのに加え、1/2.5型530万画素CCDと光学3倍ズームレンズ、映像エンジン「DIGIC II」を搭載したシリーズ中核モデルとなっている。

 デザイン面では新たに、レンズ鏡筒から周辺部にわたり、時計の文字盤などに採用されている極光処理が施され、落ち着いた上質感が演出されている。

 本体サイズは幅86.0×高さ53.5×奥行き21.6mm、重さは約140g(本体のみ)。バッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、撮影可能枚数は約150枚(CIPA準拠)。
《村上幸治》

特集

page top