東芝、1GHzで動作するデジタル家電向けハイエンド版コア「MeP-h1」を開発 | RBB TODAY

東芝、1GHzで動作するデジタル家電向けハイエンド版コア「MeP-h1」を開発

IT・デジタル その他

 東芝は17日、デジタル家電向けシステムチップ(SoC)などに組み込むメディア・プロセッサ「MeP(Media embedded Processor)」のハイエンド版コアとして、65nmプロセスで動作周波数1GHzの高速処理を実現する新コア「MeP-h1」を開発したと発表した。

 MePは、設計段階で用途などに応じて回路構成を変更したり、命令を追加するなどのカスタマイズが可能なコンフィギュラブル(構成可変)プロセッサで、同方式での1GHz動作は世界初になるという。

 MeP-h1では高速化の手法として、命令を時分割して多重的に処理するパイプラインの段数を従来の5段から9段に増加させたほか、処理待ち時間の低減などの調整を行う「リオーダー・バッファ回路」を取り入れ、ユーザーが命令を追加するカスタム仕様に対してもプロセッサ全体の処理を常に最適化できる設計にしたという。

 なお、同コアは、設計の記述データ「Register Transfer Level(RTL)」の形式で提供されるため、ユーザーが自由に論理合成できるのに加え、90nmなどほかプロセスへの適用も可能だとしている。
《村上幸治》

特集

page top