日立、LCOS方式の業務用リアプロジェクターに50型XGAモデルを追加 | RBB TODAY

日立、LCOS方式の業務用リアプロジェクターに50型XGAモデルを追加

IT・デジタル テレビ

 日立製作所は、50型XGA(1,024×768ドット)の反射型液晶LCOS方式光学エンジンを搭載した業務用リアプロジェクター「EX50-116CM」を9月15日に発売する。
  •  日立製作所は、50型XGA(1,024×768ドット)の反射型液晶LCOS方式光学エンジンを搭載した業務用リアプロジェクター「EX50-116CM」を9月15日に発売する。
 日立製作所は、50型XGA(1,024×768ドット)の反射型液晶LCOS方式光学エンジンを搭載した業務用リアプロジェクター「EX50-116CM」を9月15日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は600万円前後。

 EX50-116CMは、監視制御やプレゼンテーション向けのリアプロジェクター。複数台並べたマルチ画面表示にも対応。EX50-116CMでは、SXGA+モデルより導入コストを抑えられるのが特徴。さらに、LCOS方式を採用したことで、ランニングコストを従来のTFT液晶モデルと比べて半分以下に抑えられるとしている。また、ランプ切れや寿命を検知し、予備ランプに自動的に交換できる機能も搭載した。

 輝度は1,000cd/m2、コントラスト比が1,300:1、応答速度が16.7m秒、視野角は水平120度/垂直60度。入力端子は、アナログがミニD-Sub15ピンと5BNC、デジタルがDVI-Dを用意する。

 本体サイズは幅1,016×高さ1,002×奥行き550mm、重さは59kg。消費電力は170W。
《村上幸治》

特集

page top