米Apple、第3四半期業績にて過去最高の売上高と利益を計上 | RBB TODAY

米Apple、第3四半期業績にて過去最高の売上高と利益を計上

IT・デジタル ノートPC

 米AppleComputerは13日(現地時間)、2005年6月25日を末日とする2005年度第3四半期の業績において、売上高、利益とも過去最高の結果になったと発表した。

 この四半期での純利益は3億2,000万ドル(希薄化後の1株当り利益は0.37ドル)、売上高は35億2,000万ドルで、前年同期に対する売上高の伸び率は75%、純利益は425%の増益となっている。また、売上総利益率は前年同期の27.8%から29.7%へと上昇しており、米国市場以外の売上比率は39%だとしている。

 なお、同四半期のMacintosh本体の出荷台数は1,182,000台、iPodの出荷台数は6,155,000台と、それぞれ前年同期に比べ、35%と616%の増加となっている。

 同業績を受け、アップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏は「売上高、利益共に過去最高の四半期業績をご報告できることを嬉しく思います。Mac OS X Tigerの発売は大成功でした。私たちは、今後も引き続き素晴らしい新製品の投入を計画しています」と述べている。
《村上幸治》

特集

page top